News

2016/5/21
【公募】2017度助成事業の募集を締め切りました。発表は選考委員会を経て7月上旬を予定しております。
2016/5/18
【展覧会】2016年春の助成事業「亡霊ー捉えられない何か」の展覧会情報をUPいたしました。 info>>
2016/2/1
【公募】2017年度助成事業の募集を開始いたしました。詳細は応募要項をご確認ください。 info >>
2015/8/29
【展覧会】2015年秋の助成事業「Recollect, Gaze, Material in Common チェコ・日本現代美術国際交流展」の展覧会情報をUPいたしました。 info>>
2015/3/9
【展覧会】2015年春の助成事業「Erosion / Transfigurationー侵蝕と変容の先の関係性へー」の展覧会情報をUPいたしました。 info>>

瑞雲庵のご利用についてのご案内


 当財団が所有する瑞雲庵については、現在は若手作家に対する発表、文化に関する普及及び進行事業、
文化の向上に資する講座、講演会、国際交流活動等、財団主催の事業の会場のみとして使用されています。
 しかし、財団の活動が広がるとともに、瑞雲庵を芸術創造活動の場として利用したいという希望が増えてきました。
そこで当財団としては、そのような要望に沿うべく、この度、瑞雲庵を財団直轄事業以外での利用を受け付けることといたしました。
 ただし、瑞雲庵は当財団の事業目的資産であることから、
そのご利用にあたっては、当財団の事業目的に沿ったものであることを条件とします。
 ご使用希望の方は、利用主体、利用目的、企画内容、使用期間等を明確にされた上、詳細については財団にお問い合わせください。
尚、費用については費用弁償の枠内で協議させていただきます。


LinkIcon詳細はこちらから


助成展覧会

2016年春の瑞雲庵での助成展覧会
「亡霊ー捉えられない何か」2016.6/4 - 7/3
画像をクリックしていただくと展覧会情報をご覧いただけます。

KANSAI ART BEAT

Kansai Art Beat (KAB)はバイリンガルの関西のアート・デザイン展カレンダーです。常時200以上の展覧会情報と500以上のアートスペース情報を提供しています。

瑞雲庵 Zuiun-an

上賀茂地区にある築100年は経つ古民家・瑞雲庵を舞台に若手キュレーター育成を目的とし年2回(春と秋)、公募で選ばれた展覧会を助成しています。

公益財団法人 西枝財団は設立者 西枝 攻の「京都という地において先人から物的・知的・精神的に受け継いできた豊かなものを次代へ引き継ぐことで次世代の精神的幸福を願い、その一助となるという想い」を実現すべく2011年2月に設立されました。
若手創造者を支援することでさらなる知的文化を育成・創造することを目的とし、また東日本大震災以降の混乱した社会にありながら未来へと引き継ぐ文化を尊重し、我々が育む創造文化活動を支援し、社会へ発信することを当財団の使命と考えております。次代を担う創造者への支援・芸術文化活動に関する普及活動や伝統文化を踏まえた国際交流などの事業を通じてより良い未来の創造を目指しています。

西枝財団が関係する事業は、関西を中心に日本全国について行うものとする。

事業内容

次世代を担う創造者への支援活動
若手作家に対する発表の場の提供
芸術・文化に関する普及振興事業
文化の向上に関する講座・講演会の実施
伝統文化を踏まえた国際交流事業
その他 目的を達成するために必要な事業